集合天才【ザ・現場ギャップvol.40】

2019/03/13

集合天才

お世話になっております。

HRドクターを運営する株式会社ジェイックにて

取締役 兼 教育事業部長を務めます

東宮美樹と申します。

 

 

 

「集合天才」

 

 

という言葉をご存知でしょうか。

 

「集合天才」とは、

一人の天才の出現に頼らず

組織のメンバーの才能を集め、

組織として良い結果を出そう、

という考えです。

 

 

これは、「発明王」として知られる

トーマス・エジソンが設立した

研究所の考え方が元になっていると

言われています。

 

 

そもそもは、

 

価値のあるものを世に送り出すために

天才の出現を待つ必要はなく

一人一人が凡人であったとしても

それぞれが協力して各々の能力を

生かすことが出来れば良い

 

という考えが元になっています。

 

 

ですが、ただ集まるだけで

質の良い連携を生み出せるかというと

もちろん、そういうわけではありません。

 

 

それぞれの強みが生きる組織体制

それぞれの強みが生きる共通の目標

それぞれの強みが生きる関係性

などなど、

 

集合天才を生み出すためにも、

様々な条件が求められるのです。

 

 

そして、継続的にイノベーションを

生み出せる革新的な組織には、

こうした「集合天才」を

創造できるリーダーがいるそうです。

 

 

では、この「集合天才」を

想像できるリーダーとは、

どのようなリーダーでしょうか。

 

 

従来、リーダーには

 

・チーム目標の達成

・経営者の考えをメンバーに伝える

・メンバーの育成、定着

・チームの連携、数字のマネジメント

・リーダー自身の後進育成

・職場の雰囲気づくり

・新しいイノベーションの創出

・リーダー自身が持つ個人目標の達成

…etc

 

と、求められる資質・能力・役割は、

数多くあり、挙げだしたらキリがありません。

 

また、業界や会社によって、

あるいは事業部やチームによって、

リーダーに求められるものが

変わることもあるでしょう。

 

 

貴社では、リーダーに何を

求めていらっしゃるでしょうか。

 

 

 

 

「集合天才」を生み出すリーダーとしては、

 

「イノベーションが起こる舞台の設定役」

 

としての役割が求められるのだそうです。

 

 

これは

「ビジョンを示しそれに向けてメンバーを鼓舞する」

という、従来のリーダーとしての役割とは

また異なった役割です。

 

 

 

時代は日々変わり続けていますし、

それに合わせて、

リーダーという役割も変わり続けています。

 

その変化に対応できるよう、

組織としても、企業としても

取り組んでいくことが

求められているのかもしれません。

 

 

 

今週はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

著者情報

東宮 美樹

株式会社ジェイック 取締役

東宮 美樹

1974年生まれ 鹿児島県種子島出身。1997年筑波大学第一学群社会学類を卒業。新卒でハウス食品株式会社に入社。営業職として勤務した後、HR企業に転職。約3,000人の求職者のカウンセリングを体験。2006年にジェイック入社「研修講師」としてのキャリアをスタート。コーチング研修や「7つの習慣®」研修をはじめ、新人・若手研修から管理職のトレーニングまで幅広い研修に登壇。2014年には前例のない「リピート率100%」を達成。2015年に社員教育事業の事業責任者に就任。専門分野は新人と若手育成、モチベーション・エンゲージメント改善、女性活躍等

【著書、登壇セミナー】
・新入社員の特徴と育成ポイント
・ニューノーマルで迎える21卒に備える! 明暗分かれた20卒育成の成功/失敗談~
・コロナ禍で就職を決めた21卒の受け入れ&育成ポイント
・ゆとり世代の特徴と育成ポイント
・新人の特徴と育成のポイント 主体性を持った新人を育てる新時代の学ばせ方
・“新人・若手が活躍する組織”は何が違う?社員のエンゲージメントを高める組織づくり
・エンゲージメント革命 社員の“強み”を組織の“強さ”に繋げるポイント
・延べ1万人以上の新人育成を手掛けたプロ3社の白熱ディスカッション
・新人研修の内製化、何から始める? オンラインでも失敗しないための “5つのポイント”
・どれだけ「働きやすさ」を改善しても若手の離職が止まらない本当の理由 など

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

採用・教育にお困りでしたらご相談ください

pagetop