理想の上司像【ザ・現場ギャップvol.78】

2019/12/18

理想の上司像

お世話になっております。

HRドクターを運営する株式会社ジェイックにて

取締役 教育事業部長を務めます

東宮美樹と申します。

 

 

こちらのメルマガでも

ご案内しましたが

 

先週、

「新人研修設計セミナー」を

開催いたしました。

 

当日は23社30名の方にご参加いただき

ご参加者様同士、

意見交換を活発になされ

無事終了となりました。

 

ご参加いただいた皆様

誠にありがとうございました!

 

 

セミナー当日は、2019年入社の

新人の特徴をまとめたデータを元に

最近の若者の特徴を改めて見直し

2020年の育成方法を検討したり

 

研修を設計するにあたっての

注意点やコツ、現場で効果を出す方法など

研修設計についてもお話しながら

当日は進行していきました。

 

 

直接でも、アンケートでも

ご参加いただいた皆様からは

 

「他社の方とお話でき、参考になりました」

 

「受け入れ側の教育も大事だと感じた」

 

等、嬉しいをお声を頂くことができました。

 

 

今回は、そのセミナーでもお伝えした

「理想の上司」について

一部、ご紹介できればと思います。

 

 

弊社では、毎年約1000人の新入社員を

各企業様よりご派遣いただいており

新入社員研修を実施しているのですが

 

そこにご参加いただいている

新入社員を対象にアンケートを取り

「理想の上司像」ランキングを作成しました。

 

以下のような上司が

「理想の上司」として

憧れられているようです。

 

 

1位 人間的に尊敬できる

2位 相談に乗ってくれる

3位 公平に評価してくれる

4位 行動力がある

5位 統率力がある

 

 

もちろん、色々な回答があった中で

このトップ5が選ばれていますが

 

1位となったのが

「人間的に尊敬できる」

 

という項目で、その次に

「相談に乗ってくれる」

 

といった回答が続いていることからも

 

上司は仕事力だけでなく

内面や、部下(新人)への接し方

といった面も同時に見られている

ということが言えるでしょう。

 

 

数年前から比べてみても

スマホ、LINEなどの普及により

コミュニケーションの形が

大きく変わっています。

 

今後、ITの発展が進み

コミュニケーションの形は

更に変わっていくことでしょう。

 

そんな時代に突入するからこそ

コミュニケーションや関わり方は

より大事になってくるのかもしれません。

 

 

 

 

今週はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

採用・教育にお困りでしたら
ご相談ください

一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
そのために、私たちジェイックは存在します。

pagetop