VUCA時代とコンフォートゾーン【ザ・現場ギャップvol.67】

2019/09/25

VUCA時代とコンフォートゾーン

お世話になっております。

HRドクターを運営する株式会社ジェイックにて

取締役 兼 教育事業部長を務めます

東宮美樹と申します。

 

 

 

 

「コンフォートゾーン」という言葉は

有名ですので、ご存じかもしれませんので

簡単にご説明すると

 

「コンフォートゾーン」とは

ストレスや不安を感じずに

安心して快適に過ごせる領域のことを指します。

 

慣れ親しんだ環境や仕事などは

まさに、このコンフォートゾーンに

当てはまります。

 

コンフォートゾーンは、そこにいれば快適ですが

「既にできること」だけに囲まれているので

ずっとそこに居続けていても、成長はあり得ません。

 

 

成長をするには、一歩踏み出す必要があります。

この一歩踏み出した状態を

「ラーニングゾーン」と言います。

 

「ラーニングゾーン」は

快適な状態・環境から抜け出し

適度なストレスを感じる領域のことを指します。

 

このストレス状態が行き過ぎると

「パニックゾーン」に入ってしまい

パフォーマンスが著しく低下します。

 

 

そのため、人は

 

「ラーニングゾーン」へ踏み出し

その領域を「コンフォートゾーン」と

感じるまでにしてから

再び「ラーニングゾーン」へと踏み出す…

 

ということを繰り返すことで

成長し続けることができるのです。

 

 

 

さて、話は少し変わって

今、時代は「VUCA時代」に

突入したといえるでしょう。

 

 

VUCA時代とは改めて

 

V olatility(変動性)

U ncertainty(不確実性)

C omplexity(複雑性)

A mbiguity(曖昧性)

 

という頭文字から作られた単語であり

現代の予測不能な経済環境を指す言葉です。

 

2016年、WEF世界経済フォーラム

通称「ダボス会議」等でも

「VUCA」という言葉が

数多くのビジネス著名人に取り上げられ

一気にその認知が広がりました。

 

これからの時代、 世界はますます

大きく目まぐるしく変動していきます。

 

 

まさに市場経済が今

「コンフォートゾーン」を

抜け出そうとしているタイミングである

ともいえるかもしれません。

 

つまり、これから市場経済には

更なる成長が待っています。

 

 

その成長を迎えたときに

私たちは何を感じ、何を考え

どのように過ごしているでしょうか。

 

 

市場経済と一緒に、企業も人財も

成長が求められてきているのです。

 

 

 

 

 

 

今週はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

 

著者情報

東宮 美樹

株式会社ジェイック 取締役

東宮 美樹

1974年生まれ 鹿児島県種子島出身。1997年筑波大学第一学群社会学類を卒業。新卒でハウス食品株式会社に入社。営業職として勤務した後、HR企業に転職。約3,000人の求職者のカウンセリングを体験。2006年にジェイック入社「研修講師」としてのキャリアをスタート。コーチング研修や「7つの習慣®」研修をはじめ、新人・若手研修から管理職のトレーニングまで幅広い研修に登壇。2014年には前例のない「リピート率100%」を達成。2015年に社員教育事業の事業責任者に就任。専門分野は新人と若手育成、モチベーション・エンゲージメント改善、女性活躍等

【著書、登壇セミナー】
・新入社員の特徴と育成ポイント
・ニューノーマルで迎える21卒に備える! 明暗分かれた20卒育成の成功/失敗談~
・コロナ禍で就職を決めた21卒の受け入れ&育成ポイント
・ゆとり世代の特徴と育成ポイント
・新人の特徴と育成のポイント 主体性を持った新人を育てる新時代の学ばせ方
・“新人・若手が活躍する組織”は何が違う?社員のエンゲージメントを高める組織づくり
・エンゲージメント革命 社員の“強み”を組織の“強さ”に繋げるポイント
・延べ1万人以上の新人育成を手掛けたプロ3社の白熱ディスカッション
・新人研修の内製化、何から始める? オンラインでも失敗しないための “5つのポイント”
・どれだけ「働きやすさ」を改善しても若手の離職が止まらない本当の理由 など

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

採用・教育にお困りでしたらご相談ください

pagetop