深夜3時の過ち【人を残すvol.32】

更新:2020/12/23

作成:2020/05/20

経営者向けメールマガジン「人を残す」fromJAIC

深夜3時の過ち

大変お世話になっております。

 

ジェイックプレジデントライブ
企画統括の外崎(とのさき)です。

 

昨日、夜中の3時くらいに目が覚めて
おもしろいビジネスのアイディアが
ふと頭の中に浮かびました。

 

トイレの中で

 

「これはおもしろいぞ・・・!
いや!これは絶対におもしろい!」と

 

どんどんテンションが高まっていき

 

「メモしないと忘れそう。メモしよう」

 

と自分に言い聞かせて
意気揚々とトイレを後にしたのですが・・・

 

いつの間にか布団に沈んでいたようで
気付いたら朝になっていました。

 

「今からでも思い出せるかも!」と思い
残っている記憶の断片を辿ってみたのですが
ついに当時の記憶を取り戻すことができず。

 

苦い思いをしました・・
(内容が気になっていた方には
申し訳ございません)

 

今になってみれば
それが本当にグッドアイディアだったのか?
ただ寝ぼけて勘違いしていただけなのか?
それすらもブラックボックスです。

 

過ぎ去ったチャンスは二度とやってこない。
ということを改めて痛感した出来事でした。

 

話は変わりますが
先日、GAFAとMicrosoftの時価総額が
東証一部の全銘柄の時価総額を超えた
というニュースが流れていました。

 

1990年代は
世界時価総額ランキングトップ50のうち
10社は日本企業が入っていたところ
今では日本の一流企業が全て手を組んでも
敵わないくらい差が開いてしまったのです。

 

私は1986年生まれなのですが
私が生まれてから今までの30余年で
世界は大きく変わってしまいました。

 

なぜこれだけ差が開いてしまったのか?

 

諸説ありますが
私は今朝の出来事を通してこう思いました。

 

「目の前のチャンスに対して
リスクを取って動き出す人間が
日本に少なかったからではないか?」

 

もし、日本中の全ての人々が
良いと思ったことを実行していれば。

 

あるいは
思い付いたアイディアを睡魔に負けず
忘れないようにメモを取っていれば。

 

そのメモは何億という数になり
そこからいくつかの成功の芽が出てきて
そこに経営資源が集まっていき
日本はもっと繁栄していたかもしれません。

 

そして私がこれまで
研修事業を通して感じてきたこととして
弊害となるのは常に「スタンスの問題」です。

 

例えば組織の中には
以下のような力が不足しており
本領を出せていない人がたくさんいます。

 

1. 経験してパラダイムを変えるスタンス
×先入観に流されて行動を止めてしまう

 

2. 不安感に負けないスタンス
×自分のボールを不安で手離してしまう
×不安で人に任せることができない

 

3. すぐにフィードバックを貰うスタンス
×自分の中に抱え込み消化してしまう

 

特に3番の
「すぐにフィードバックを貰うスタンス 」
は昨今の変化が激しい時代の中では
とりわけ重要な力だと感じています。

 

なぜなら、
効率的に生産量を上げれば勝てた時代と違い
現在は、正解がわからない時代だからです。

 

正解がわからないからこそ
どんどんアウトプットをして
フィードバックを貰うことによって
輪郭を鮮明にするファーストアクションの
スピードを高めていかなければなりません。

 

そのため、組織づくりにおいても
「フィードバックし合える組織を作る」
ということが大事だと言われています。

 

このような話をすると
「現場の社員の意見を尊重しよう」
という話に聞こえるかもしれません。

 

しかし、私が感じるのはその逆です。

 

社会や現場の社員からの監視が強まり
トップや上司が思い切って行動しづらい
「上司がフィードバックを避けたがる組織」
が増えているのではないかと思っています。

 

今の時代では
トップ、上司も失敗なくして成功できません。

 

トップ、上司が失敗しても
尊重してもらえるような組織を作ることが
今、求められているのではないでしょうか。

 

・不安感に負けない「リーダー」の育成
・上司を支える「フォロワー」の育成
・信頼し任せ合える「組織風土」の醸成

 

会社によって解決の切り口は様々ですが
上記のような各社さんの取り組みによって

 

「 すぐにフィードバックを貰うスタンス 」

 

を身に着けたビジネスマンが日本に増える。

 

そうすることで日本は
もっと発展していくのではないか?
そんな風に考えています。

 

とはいえ、アイディアを忘れてしまっては
フィードバックを貰う以前の問題です。

 

「今後は100%メモに残します!」
と宣言して、終わりにしたいと思います。

関連記事

  • HRドクターについて

    HRドクターについて 採用×教育チャンネル 【採用】と【社員教育】のお役立ち情報と情報を発信します。
  • 運営企業

  • 採用と社員教育のお役立ち資料

  • ジェイックの提供サービス

pagetop