「無知は罪悪。無知を放置するのも罪悪」【知見メール223号】

2015/06/11

無知は罪悪。無知を放置するのも罪悪

 

 

皆様、ジェイックの知見寺(ちけんじ)でございます。

 

 

 

先週、日系企業で総経理を務める中国人のSさんとお会いしました。

 

その際に、S総経理から、今、中国人の老板(社長)には、

座禅が流行っていることや、断食がブームになっていることを

お聞きしました。

 

私が聞いていたのは、お腹が出ていてでっぷりとしていることが

成功者の証なので痩せていると、ダメだよ、とのこと。

 

ところが、最近では、均整のとれた体形をしていることが、

若手の中国人経営者にはカッコイイことになっているそうです。

 

健康志向も強く、お酒もたばこもやらない経営者が

増えているとのこと。

 

経済の発展と共に、人の志向は同じように

変化していくのでしょうか?

 

 

さて、今回は、先週ありましたジェイックの社員旅行での

出来事からご紹介します。

 

6月4日(木)に上海から移動して、成田空港→東京駅→

伊豆稲取駅にいきました。

 

翌朝5:30から露天風呂へ。

宿は、東伊豆の海沿いに立つ老舗の旅館です。

 

朝日が昇るのをみて、潮騒を聞きながら、お湯につかる。

最高の時間を過ごしました。

 

朝ごはんの、ビュッフェも伊豆らしく、しらす干しやあじの干物、

タイの刺身など、美味しい海産物尽くし。

 

4人テーブルにひとりで座っていると、

今年4月に入社した新入社員がふたり、

 

「前の席宜しいでしょうか?」

 

とあらわれました。

 

「どうぞ!」

と薦めて、

 

「上海はどうですか?」

という質問に答えながら、食事をとっていました。

 

ところが、目の前の女性社員の箸の使い方が

どうしても気になってしまい、

 

「箸の持ち方、違うよ」

 

と、指摘してしまいました。

 

社員旅行で楽しい時間を過ごしていて、しかもわざわざ

上海駐在の私と話しをしたくて、きてくれているのに、

言わずにいられませんでした。

 

「これから、お客さんと会食することがあると思うけど、

きれいに箸が使えたほうがいいよ」

 

「彼氏のご両親と食事するときにも、

箸の使い方見られているよ」

 

 

こんな話しをすると、今まで自分の箸の使い方がおかしいと

指摘をされたことがないとのこと。

 

 

私は人事をしていたときに、学生と食事会で

選考するということがありました。

食事会では、気が使えるかどうかをみていることが

多いそうですが、私は箸の使い方と食べ物に好き嫌いが

あるかどうかだけをみていました。

 

このふたつは、小さい時に親御さんが躾をしないと

なかなかできないことだからです。

 

 

もちろん、社会人になってからも変えることができるので

うるさいおじさんだな!と思われても、気付いたら

言い続けようと思いました。

 

知らなければ、変えようがないです。

 

私が新卒で入社した会社で、良くいわれたフレーズに

 

「無知は罪悪」

 

があります。

 

一歩進んで、

 

「無知を放置するのも罪悪」

 

だと思います。

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop