「部下にした指示が徹底されないのはなぜ?」【知見メール48号】

2008/02/13

「部下にした指示が徹底されないのはなぜ?」

こんにちは。ジェイックの知見寺でございます。

 

前号でご案内しました、バクジー・久保社長を描いたマンガのお申し込みを、

67名の方からいただきました。ご応募ありがとうございました。

 

しかしながら、17名の方にしかプレゼントできず、申し訳ありませんでした。

(10名プレゼントとご案内をしていましたが、あまりに多くの応募をいただき

ましたので、社内配布用もプレゼントさせていただきました。)

 

 

さて、今回も、1月25日(金)に行った、弊社主催のセミナーについて、

書きたいと思います。

 

講師は、日本一のお好み焼き屋チェーンである千房(ちぼう)の中井社長です。

 

全国に55店舗を展開し、海外まで進出をしている同社ですが、創業時は

大変大きな負債を背負っていました。

(3000万円の資金が必要なところ、自己資金80万円でスタートします。)

また、これまでに、3回倒産の危機に瀕したそうです。

 

中井社長は、中学卒業後すぐに、大阪の乾物屋に丁稚奉公にでて、28歳で

千房を開業。

 

そこから、現在に至るまで、どんなことがあったのか、何がポイントだったのかを お話いただきました。

 

 

いくつも、「そっか~!!」「なるほどぉ~!!!」と感じさせられたのですが、

その中で最も記憶に残っているのが、次の話です。

 

 

「今の時代、味は、ほぼ100%真似することができます。

立地も、真似することはそれほど難しくありません。

内装なんかは、すぐに真似できます。サービスマニュアルなんかは、

もっと簡単です。」

 

「ただ、絶対に真似できないものがあります。それは、人です。

千房の中井政嗣は、絶対に真似することができません。

この世に一人しかいませんから。」

 

「中井さん、美味しかったよ。」

「中井さん、ありがとう。」

「中井さん、また来るよ。」

 

「もし、こんな声を掛けられるようになれば、どんな競合店が来ても、

全く怖くありません。」

 

この話を聞いたあと、

私は、教育事業部の今期(弊社は、2月1日が期初になります)

のキャッチフレーズを、

 

「差別化ポイントは、わたし」

 

と決めました。

 

とても、一朝一夕にできることだとは思いませんが、目指さなければ決して

実現することはないので、あきらめずに、取り組みたいと思います。

 

「あきらめず」で、思い出しましたが、質疑応答でこんなやり取りがありました。

(かなりシンプルにしています。)

 

質問者 「なかなか、社員に徹底することができないんですが、

どうすれば徹底できますか?」

 

中井社長 「その指示は、何年言い続けているのですか?一度や二度、

言ったくらいで徹底されるなら、上司はいりません。」

「徹底しないのは、部下が徹底しないのではなく、自分が徹底して

いないからです。徹底されるまで、あきらめずに、徹底して言い

続けることです。」

 

 

「ハッ」とさせられた、やり取りでした。

 

私も、よく、何で指示したことが徹底されないのか!と腹を立てること

があります。

 

でも、自分が徹底して言い続けないから、結局中途半端で終わってしまう。

そして、あきらめてしまう。自分自身が中途半端だったんですね。

 

中井社長とは、“徹底”の重さが違うことを実感しました。

私も重さのある徹底をしていこうと思います。

 

追伸

講演後、中井社長に御礼のはがきをお送りしたところ、ご丁寧に

お手紙をいただきました。

 

このお手紙の内容は、千房全社員の1月の給与明細に入れたものと

同じものだそうです。

 

手紙を書いて、給与明細に入れることを、21年続けていらっしゃるそうです。

本当に、さすがです。

 

中井社長からいただきましたこのお手紙を、ご覧になりたい方は、

「手紙希望」と明記いただき、このメールにご返信ください。

ご覧いただけるように手配いたします。

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop