「命の授業」【知見メール106号】

2010/07/14

「命の授業」

 

皆様、ジェイックの知見寺でございます。

 

私事ですが、先日、嬉しいことがありました。

私の義理の妹から結婚の報告を受けたのです。

 

私の妻の妹とは、妻と結婚したときから、

近くに住んでいたこともあり、度々食事をしていました。

 

私は、男三人兄弟で全く女っけがないものですから、

妹ができたようで、楽しい時間でした。

 

先日、その義理の妹が、彼氏と私の家に遊びにきました。

そして、彼氏から「結婚しようと思います。」と報告を受けました。

 

彼氏も以前から何度も食事をしていましたので、

良い人柄であることを知っていました。

 

新しくファミリーが増えることになり、大変嬉しく、Happyな気分になりました。

 

ファミリー内でも、良い影響を提供し続けられる存在でありたいと、

自分で自分に確認しました。

 

 

 

さて、今回はある本をご紹介します。

 

その本のタイトルは、「命の授業」

著者は、腰塚勇人さんです。

 

つい最近7月8日に、フジテレビ系の「アンビリバボー」に

出演されたそうですので、ご覧になられた方もいらっしゃるかも知れません。

(私は、残念ながら観ることができませんでした。)

 

腰塚さんは、中学校の体育教師をしていましたが、

2002年にスキーをしていて、大怪我にあいます。

 

首の骨を折り、首から下が全く動かない。

医師からは「一生、寝たきり」と宣告されます。

 

それが、現在では、全国で講演活動をされるまでに

奇跡の回復を遂げられました。

 

大怪我をされてから、どんな思いだったのか、どんな体験をしたのか、

その結果、今はどう考えるようになったのかが、本に書かれています。

 

・今の環境・立場に不満がある

・自分の出来ることなど、たかが知れていると諦めている

・誰も自分を必要としていないと思っている

・誰も自分を助けてくれないと思っている

・元気さ、エネルギー、活力が落ちていると感じている

 

このような方には是非、読んでいただきたい本です。

 

本の最後にまとめとして、腰塚さんの「学び」が書かれています。

 

・「周囲の人々のおかげ」で、今、自分が生かされていること

・「家族、両親、兄弟」を大切にすること

・「自分が源」で人生はつくられていて、そのすべてに自分が責任を負うこと

・今のすべてを受け入れること

・すべてに「感謝」すること

・出来事は、「すべて必要があって起こっている」ということ

・自分が自分にOKを出し、自分との約束を守ることで夢は必ずかなうということ

・あなたは、「必ず必要とされている存在」であること

・「生きている!」って、それだけで本当に素晴らしいこと

 

これらのことは、多くの本で書かれていることだと思いますが、

腰塚さんの体験から導き出された文章を読むと、素直に同感できます。

 

 

私は、『読書ノート』というノートを作っています。

 

本を読んでいて、感銘を受けた言葉、覚えておきたい言葉を書き写し、

ことあるごとに見返すようにするためのノートです。

 

以下は、この「命の授業」を読んで、

私の『読書ノート』に書き写した文章です。

 

 

「5つの誓い」

 

「口」は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう

「耳」は、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう

「目」は、人のよいところを見るために使おう

「手足」は、人を助けるために使おう

「心」は、人の痛みがわかるために使おう

 

 

心が洗われ、今に感謝できるこの本のご一読をお薦めします。

また、社員の皆さんにも読んでいただいては如何でしょうか。

「命の授業」 腰塚勇人著 ダイヤモンド社刊 1,200円+税

http://www.amazon.co.jp/dp/4478012407

 

 

尚、塚越さんが作られた動画があります。

 

6分ほどの動画が2本ありますので、

まずは、こちらをご覧いただければと思います。(音楽が流れます。)

 

感受性の高い方は、ご覧になる場所をお気を付けください。

http://www.inochi-jyugyo.com/

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop