「社員が、どんどん仕事を好きになってしまう会社の秘密」【知見メール249号】

2017/03/18

社員が、どんどん仕事を好きになってしまう会社の秘密

 

 

皆様、ジェイックの知見寺(ちけんじ)でございます。

 

 

 

今、上海で大変、流行っているビジネスがあります。

 

安い金額で自転車をレンタルできるサービスです。

街中あちらこちらに、専用の自転車が置かれていて、

乗りたいときには、スマホを使って鍵を解錠します。

 

乗り終わったら、好きなところに停めて、

自転車の鍵をかければOKです。

 

私が契約している会社の自転車は、

30分で0.5元(約8円)の使用料です。

支払いは、スマホから自動的に行われます。

 

上海は、フラットな地形であることと、

地下鉄の駅から少し離れているビル群も多いことから、

どこからでも乗れて、どこに返しても

良いレンタル自転車のシステムは大変便利です。

 

私は、昨日1日で、7回使いました。

特に、最寄駅から歩いて15分かかるビルに

行ったときには、大変助かりました。

 

日本にもあれば良いのにと思いますが、

法制上難しいでしょうね。

千代田区や横浜市が、行政として取り組んでいますが、

自転車の数が少ないですし

返す場所が決まっているというのは、利便性が落ちます。

 

 

このビジネスの面白いところは、別にあります。

このレンタル自転車のサービスを使うためには、

契約時にデポジットとして

299元(約5,000円)支払います。

この契約を2,000万人以上がしているそうで、

現金90億元(約1,500億円)が

運営会社に一気に集まりました。

運営会社はこのお金を使って投資活動をしています。

金利0%のお金です。

しかも、デポジットですから、

このサービスを利用し続ける限りは返金の請求がきません。

自転車をレンタルする部分では、

儲けようと思っていないようです。

 

凄いビジネスモデルです。

 

 

 

さて、今回は、先月参加した外部セミナーの内容を

ご紹介させていただきます。

 

スピーカーは、面白法人カヤックのCEO、柳澤大輔さん。

 

カヤックは、2014年12月にマザーズ上場し

現在は、グループ社員300名

売上50億、利益6億強の会社です。

 

事業内容は、

クライアントワーク事業

ソーシャルゲーム事業

ゲームコミュニティー事業

の3本柱で、社員の9割はクリエイター。

 

カヤックのHPは以下をご覧ください。

 

https://www.kayac.com/

 

 

面白法人とのキャッチコピーにある通り

 

1)まずは、自分たちが面白がろう

2)周囲からも面白い人といわれよう

3)誰かの人生を面白くしよう

 

を標榜しています。

 

 

一番難しいのが、1)のまずは、

「自分たちが面白がる」こと。

 

このために、様々な工夫をしています。

 

有名なのが、「サイコロ給」

毎月給料日前にサイコロを振って、

「月額×(サイコロの目)%」円が手当になる仕組みです。

 

ふざけていると捉えるか、面白いと捉えるか。

 

また、月額の固定給は、

半年に1回行われる「月給ランキング制」で決めています。

同じ職種の社員同士で相互投票します。

「自分が社長なら給与を上げたい順番に社員を並べる」

という質問に対する結果を集計して、

ランキングをだし、固定給を決めます。

 

 

また、採用も面白い企画を数多くしています。

 

ひとつは、「4月1日限定、経歴詐称でエントリー」

自分の経歴を創作してエントリーしてもらいます。

毎年、5~600名のエントリーがあり、

1人くらいは採用に至るそうです。

 

ふたつめは、佐藤さんだけがエントリーできる「佐藤企画」

エントリフォームが佐藤で固定されています。

また、面接官は全員社内の佐藤さん。

この「佐藤企画」では、2名採用がでたとのこと。

 

これらの制度や企画は、社員が参加する場で

ブレーンストーミングして、やることが決まりました。

 

 

突拍子もないことに感じるかもしれませんが

根底にあるのは、

 

「つくる人を増やす」

 

という思想です。

 

 

「会社をつくる側にならないと面白くならない」

 

「つくる側になることは、主体性をもつということ」

 

会社でも、学校でも、自分の住む地域でも

自分が主体的に関わっているという実感を持てれば

どんどん好きになるし、楽しめるようになる。

 

経営者であれば、嫌でも「つくる側」になります。

 

御社の社員で、「つくる側」だと思って、

考え、動いている方はどれくらいいらっしゃいますか?

 

 

上記は、カヤックの面白制度、企画のほんの一部です。

以下から確認できますので、是非、ご覧になってみてください。

 

https://www.kayac.com/company/institution

 

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役|上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 副董事長

知見寺 直樹

東北大学を卒業。新卒で大手コンサルティング会社へ入社。その後、株式会社エフアンドエム副本部長、チャレンジャー・グレイ・クリスマス常務取締役等を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海法人(上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 )の立ち上げ等を経て、現在はHumanResourceおよび事業開発を担当する。専門は組織開発、戦略人事、教育体系の構築等

⼤カテゴリ:

関連タグ:

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

採用・教育にお困りでしたらご相談ください

pagetop