「採用時に能力の有り無しを見抜く方法」【知見メール237号】

採用時に能力の有り無しを見抜く方法

 

 

皆様、ジェイックの知見寺(ちけんじ)でございます。

 

 

 

 

今年になってから、毎月、東京出張があります。

頻繁に飛行機に乗るので、よく予約サイトをみています。

 

そんな中、上海で、ANAさんが頑張ってプロモーションしていることに

深夜の上海・浦東空港⇔羽田便があります。

 

上海を深夜1:45に出発して、羽田に5:40に到着します。

すでに、電車が動いていますので、すぐに会社へ向かえます。

 

また、帰りは、羽田を22:30に出発して、上海に翌日の0:35に到着。

 

東京での時間が、目一杯取れる設定です。

 

しかも、私が4月に乗った時には、チケット代が、税金込みで1,259元!

 

日本円で、約2万円!!

 

東京、新大阪間の往復の新幹線よりも安いです。

 

上海発は、深夜ですので、

空港への道も混んでいません。

エアラインのチェックインカウンターも混んでいません。

出国検査も保安検査もガラガラです。

 

良いことばかりかと思いましたが、上海・浦東空港で免税店が

ほとんど、開いていません。

 

また、徹夜状態で羽田に到着しました。

 

出発まで、搭乗口にいても、いろいろと心配で寝ることはできません。

飛行機が離陸してからも、ちょっとすると機内食が運ばれてきて、

ガチャガチャしていますし、機内食が下げられて1時間くらいで

着陸ですから、結局、一睡もできませんでした。

 

午前中はまだ良いのですが、午後からは睡眠不足で

使いものになりません。

 

5月の下旬も同じ便を予約しているので、

今度は上手く睡眠がとれるよう、工夫したいと思います。

 

あと、気になったのは、羽田に向かうフライトの後半になってくると、

CAさんが疲れた顔になること。

 

CAさんも、羽田22:30発のフライトで、上海を往復して、

羽田に5:40に戻るんですから、疲れるのが当然ですよね。

 

何で疲れた顔に感じるのかと思って見てみると、

口角が下がっていたんです。

 

口角が下がると、疲れた顔に見えるのか、と思うと同時

疲れると口角が下がるんですね。

 

家で、よく妻に、「口角が下がってる!」と指摘されます。

確かに、口角は、意識した方が良いですね。

 

 

さて、今回は、原田メソッドの面白い使い方についてご紹介します。

 

原田メソッドについては、何度もご紹介していますが、

最近このメルマガを読みだされた方もいらっしゃいますので、

再度、ご説明します。

 

原田メソッドとは、

 

元中学教師の原田隆史先生が、スポーツ特進もない

公立校に通う”普通の中学生”を、

わずか7年間で13回日本一に導いた方法をまとめたものです。

 

スポーツ経験のない中学生が3年で成果を上げる、

つまり短期で成果を上げることに重点を置き、

実践しながら学び、学びながら実践するのが特徴です。

 

原田メソッドの実践者としては、二刀流の日本ハム・大谷選手、

世界的にも有名な女性指揮者である西本智実さんほか、

数多くのメダリストやアスリートを輩出しています。

 

企業の社員教育としても

ユニクロ、野村證券、キリンビールなど

数多くの組織やチームを目標達成に導き、

300社6万名のビジネスマンが受講しています。

 

 

先週の水曜日、2年前に、上海で原田メソッド研修を

受けていただいたO総経理と食事をしました。

 

 

「原田メソッドを学ぶまでは、右肩下がりだった売上が

原田メソッドをやり出してからは、反転して、右肩上がりになり、

今は、お陰様で絶好調です!

過去、最高の売上と利益になりそうです。」

 

とのことでした。

 

O総経理に原田メソッドを受講していただいた後

2年前の2014年8月14日に書いた

メルマガがありますので、抜粋してご紹介します。

 

――――――――――――――――――――――

 

さて、今回は上海で開催した原田メソッド研修について

ご紹介したいと思います。

 

終日の3日間研修で、1回目;6月14日、

2回目;6月28日、3回目;7月12日と

2週間毎に実施。

7月31日を目標達成日と設定していましたので、

成果発表会を8月6日に開催しました。

講師は私が担当、研修参加者が6名でしたので、

お一人おひとりとじっくり向き合うことができました。

 

その成果発表会での参加者のお一人、

O総経理からお聞きした話です。

O総経理は、ある店舗の7月の売上を

100万元にすることを目標としました。

その店舗は、5月、6月と前年度割れ、

それを立て直すことに意識がありました。

 

店舗でお客様が、気持ち良く買い物できるように、

 

笑顔で挨拶をしよう

制服をきちんときよう

お店をきれいにしよう

 

という方針を出し、そのために、店舗指導を行っている

本部スタッフが、まずは自分たちのオフィスをきれいに

することから始めました。

 

帰るときには机の上には何も置かない。

ごみ箱のごみは捨てて帰る。

 

このルールをO総経理が示しますが、

最初はなかなか実践されなかったそうです。

また、会議が終わった時にも、椅子が

ばらばらに出しっぱなしされている。

 

根気強く、O総経理が言い続けると、スタッフの意識が変わり、

オフィスが見違えるようにきれいになったそうです。

それに比例するように目標店舗の売上も好調になりました。

 

O総経理曰く、「ピリッとしたお店」になってきたのだそうです。

また、今までは服装自由だった店長会議も、

ショップの制服をきてやろうと自分たちで言いだしました。

 

目標店舗の最終結果は、売上78万元。

目標には達しませんでしたが、昨年対比で110%の結果。

右肩下がりのトレンドから、

右肩上がりに変えることができました。

O総経理はこれから、どんどん良くなると

手ごたえを感じていました。

 

実は、O総経理自らが最初に取り組んだことは、

家に帰ったら玄関で自分の靴を揃えること。

 

「自分が靴をきちんと揃えることが、お店の売上に繋がる」

 

と頭ではなく、腹で実感したとのことでした。

 

以下は、O総経理から8月1日に送ってもらったメールです。

 

―――――――――――――――――――――――

原田メソッド上海一期生各位

 

本日のメール当番 Oです。

7月長目の達成いかがでしたか?

 

私は、M店月商100万元 が目標でした。

結果は、784.607元と残念ながら未達でした。

しかし、昨年対比としては110.4%実績として

売上を伸ばせたことは良かったと思っています。

 

数字としての成果は100%ではなかったですが、

この一ヵ月間で駐在員を含めた本部スタッフや

M店以外の店舗スタッフの意識もモチベーションも

見違えるものになったと感じています。

 

8月は、M店 125万/月商 を 私の目標ではなく

みんなの目標として設定できる事になり、

実の所一番の目標は達成できた気がします。

実は、我々の商売は8月がもっともよく売れます。

昨年のM店も100万元を超えていました。

 

今回過去最高の月商を狙うというところに

みんなのモチベーションを持って行けた事

が最大の成果だと感じています。

 

感触的には、7月目標100万元(実績78万元)よりも、

8月の目標125万元の方がたやすく達成できそうな

気がしています。

 

結果は未達ながら いろいろな成果物はあった

というのが今回の感想です!

続けていきたいと思っています!

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

―――――――――――――――――――――――

 

 

原田メソッドには、目標達成に向けて4つのツールがあります。

 

1) 長期目的目標設定用紙

 

2) オープンウィンドウ64(以下、OW64)

 

3) ルーチンチェックシート

 

4) 日誌

 

の4つです。

 

O総経理は、このうちのOW64を面白い使い方をしています。

 

 

OW64とは、一つの目標を中心におき、その目標を達成するために

必要なことを8つに分解します。

そして、その分解した8つそれぞれについて

更に必要がことを8つ書き出します。

8×8で64のアクションが書き出されますので、OW64と呼んでいます。

 

イメージが湧きにくいかもしれませんので、大谷選手が、

高校1年生の時に作成したOW64が以下でご覧になってください。

中心にある目標は、「ドラ1、8球団(から指名)」です。

http://www.jaic-myts.com/image/Mr.Otani64.jpg

 

O総経理は、中国人の面接にこのOW64を使っているのだそうです。

 

O総経理が、実現して欲しいこと、達成して欲しいことを

中心に一つ書いて、面接に来られた方にOW64を

書いてもらうのだそうです。

 

すると、たくさん書けること、余り書けないことから、目の前の方が、

どんなことが得意で、どんなことが不得手なのか、わかるのだそうです。

 

また、特にO総経理自身があまり知識を持っていないこと、

例えば、中国におけるネットマーケティングについては、

そもそも何を質問すれば良いのかが、わからなかったり、

質問に回答してもらっても、その返答から能力があるのかどうか、

判断がつかない。

 

ところが、OW64を書いてもらえれば、自分のわからない分野でも、

実力の程がみえてくるとのことです。

 

このお話しを聞いて、「確かに!」と思いました。

 

そもそも、OW64は、社員一人ひとりの、

頭の中にある暗黙知を形式知に変えて

組織全体のレベルアップにも使っているツールです。

 

頭の中を見せてもらうのに、OW64は有効なツールです。

 

皆さんも、今度、面接の機会がありましたら、

OW64を使ってみては如何でしょうか?

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役|上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 副董事長

知見寺 直樹

東北大学を卒業。新卒で大手コンサルティング会社へ入社。その後、株式会社エフアンドエム副本部長、チャレンジャー・グレイ・クリスマス常務取締役等を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海法人(上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 )の立ち上げ等を経て、現在はHumanResourceおよび事業開発を担当する。専門は組織開発、戦略人事、教育体系の構築等

関連タグ:

関連記事

  • HRドクターについて

    HRドクターについて 採用×教育チャンネル 【採用】と【社員教育】のお役立ち情報と情報を発信します。
  • 運営企業

  • 採用と社員教育のお役立ち資料

  • ジェイックの提供サービス

pagetop