「人間性を高めるにはどうすれば良いのか?」【知見メール236号】

人間性を高めるにはどうすれば良いのか?

 

 

皆様、ジェイックの知見寺(ちけんじ)でございます。

 

 

 

 

3月に上海市内で引越しました。

上海に赴任して2年たちますが、毎年、引越ししています。

 

引越しするのは、2回とも大家さんがマンションを売るので、

賃貸契約を更新しないからという理由です。

 

今、上海では不動産が上がっています。

賃貸借契約がついていない方が、中国では買い手がつきやすいそうです。

 

上海人の大家さんに、

 

「あんたたちが買ってくれないから、買い手を探すんだよ!」

 

と、本気か冗談かわかりませんが、言われました。

 

1億円以上するマンションをとても買えません。

 

ただ、中国の法律上、賃貸借人にマンション購入の優先権があるので

大家さんは店子に確認しておかないと、後々面倒なことになる可能性が

あるのだそうです。

 

そう教えられると、大家さんが上記のように声を掛けてきたことも

納得できます。

 

 

また、今回は、引越し業者を頼みました。

 

荷物を梱包して、運び出す際に、業者の方から、

A4用紙を1枚渡されました。

その用紙には、10×10のマスがひかれていて、

1から100番までの番号がそのマスの中に書かれています。

 

そして、運び出す段ボール箱や荷物には全て番号が書かれたシールが

貼られています。

 

引越し屋さんが、荷物を玄関から運び出すたびに、

渡されたA4用紙を使って運び出した、荷物の番号に

斜線(/)を入れていきます。

 

荷物を新しいマンションに運び入れる際にも、

玄関で荷物の番号をチェックして部屋の中にいれた番号に

逆向きの斜線(\)を入れます。

そして、最終、数字の上に全て「×」がついたら完了です。

 

この仕組みであれば、運び出した荷物が、

新居に全部届いているかどうか施主が確認できます。

 

私は、日本で何回も引越ししていますが、

ここまできちんと搬入・搬出をチェックする

仕組みに、であったことがありません。

 

引越し屋さんに対する信頼性の高さの違いかもしれませんが、

日本でも、導入した方がよい仕組みだと感じました。

 

 

 

さて、今回は、4月1日に、日本の本社で受けた

社員向けの勉強会からご紹介します。

 

ジェイックの日本本社では、毎月1回、

大久保寛治さん主催の勉強会を開いています。

 

 

 

その大久保さんに毎月ゲストスピーカーを招いていただき、

お話しをしていただいています。

 

4月は、元タカラジェンヌの妃乃(ひの)あんじさんでした。

 

講演のタイトルは、「華やかな宝塚の世界から被災地復興支縁へ」

 

妃乃さんは、2011年に宝塚を退団されますが、その年に起こったのが

東日本大震災です。

また、同時に同年2月28日に最愛のお母様を亡くされています。

 

いろんな思いをもって、退団1ヶ月後に南三陸町へ行き、

ボランティアを行います。

避難所にいるおじいちゃんやおばあちゃんの話しを聞いたり

遺体の捜索を手伝ったり、自らできると思うことに取り組みました。

 

さらには、同じように何か被災地の役に立ちたいと

思っている方々に向けて、ボランティアツアーを7回、

一人で企画し運営します。

 

現在は、元タカラジェンヌの経験を活かして、

被災地の子供に向けた夢と心を育てる

新しいエンターテーメント教育を行っていらっしゃいます。

 

今、被災地には、医療的なケアが必要な子供が、

4人に1人いるそうです。

その多くは、親が感じているストレスを

子供が受け取ってしまっているケース。

 

子供が、劇のキャラクターになりきり、演じることで、

心のふたをはずすそんなイベントです。

 

私の文章力ではうまく伝えきれないため、

イベントに関する以下のHPをご欄ください。

http://ch-ange.jp/program

 

また、妃乃さんについては、妃乃さんご自身のブログをご覧ください。

http://ameblo.jp/hinoange/entry-12137856912.html?frm_src=thumb_module

 

 

これらのボランティアの活動資金を、妃乃さんは自腹で払っています。

 

こんな妃乃さんの思いや情熱にひかれて、多くの方や企業も支援を

してくれているとのことです。

 

 

講演後の解説で、大久保さんから、次のようなお話しがありました。

 

これまで多くの企業をみてきて、ずっと業績が良い会社は、

人間性を高める教育に力を入れている会社。

リーマンショックの時にも、こういう会社は業績を落としていない。

逆に伸ばしている。

 

では、人間性を高めるにはどうすれば良いのか?

それは、高い人間性を持つ方の話しを聞く。

それも、同じ空間で同じ空気を吸いながら、

話しを聞いて感じ取る。

 

 

見返りを求めずに、自分から無償で提供する。

そしたら、それ以上戻ってくる。

良いことをしたからといって、評価される、認められるとは限らない。

 

 

「Give&Give&Give そしてほっておく」

 

「私利私欲を応援する人は、私利私欲のある人」

 

学びが大きいです。

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役|上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 副董事長

知見寺 直樹

東北大学を卒業。新卒で大手コンサルティング会社へ入社。その後、株式会社エフアンドエム副本部長、チャレンジャー・グレイ・クリスマス常務取締役等を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海法人(上海杰意可邁伊茲企業管理咨詢有限公司 )の立ち上げ等を経て、現在はHumanResourceおよび事業開発を担当する。専門は組織開発、戦略人事、教育体系の構築等

⼤カテゴリ:

中カテゴリ:

関連タグ:

関連記事

  • HRドクターについて

    HRドクターについて 採用×教育チャンネル 【採用】と【社員教育】のお役立ち情報と情報を発信します。
  • 運営企業

  • 採用と社員教育のお役立ち資料

  • ジェイックの提供サービス

pagetop