「やっぱり、続けることが大切なんですね」【知見メール110号】

2010/09/08

「やっぱり、続けることが大切なんですね」

 

 

 

 

皆様、ジェイックの知見寺(ちけんじ)でございます。

 

朝晩の暑さが少しやわらいできたと思ったら、台風がやってきていますね。

台風の進路も、今までみたことないコースです。

やはり、異常気象なんでしょうか。

 

皆様も、風や雨には、充分お気をつけください。

 

 

さて、今回は、8月24日に行いました経営者セミナーをご紹介します。

 

ご講演されたのは、現役の経営者でいらっしゃる

株式会社ヤマシナ商事の山品社長です。

 

90分、ぎっしりと詰まった、現役社長の体験談でしたので、

気付きをいくつもいただきました。

 

その中の一つをお話させていただきます。

 

 

ヤマシナ商事さんは、元々工務店さんや

ハウスメーカーさん相手に住宅機器を販売していました。

 

法人相手なので振り回されることが多かったり、

競合企業には大企業があること、また手形決済であることなどから、

一般ユーザーとの商売を考え、7年前からリフォーム業界に参入します。

 

 

新規事業をはじめて早々に、

マンションへ、給湯器交換工事のチラシを配りました。

 

なんとラッキーなことに、丁度その1週間前に、

大手の○○ガスが全く同じような工事のチラシを配っていたのです。

 

しかも、値段は、ヤマシナ商事さんのほうが、4割も安いのです。

ほぼ、半額ですから、これは一杯依頼がくるだろうと、

電話の前で待っていたそうです。

 

 

ところが、結果は、たった1件の注文。

 

調べてみると、○○ガスは、15件の受注をしていました。

ほぼ半額なのに、自社に注文がなかったことに、

山品社長は愕然とし、お客さんに聴いてまわりました。

 

ある方から言われた言葉は、考え方を根底から覆えさせられました。

 

 

その言葉とは、

「安すぎ」

 

 

このことから、

お客さんは、「安心感・信頼感・信用」を求めているというに

気付かれました。

 

それから山品社長は、

お客様との信頼関係を重視して、信頼関係作りを行おうと

方針を決めます。

 

 

具体的に何をするのか考えたときに、ヒントにしたのは「ディズニー」です。

(山品社長は、ディズニーが大好きで、

そこからディズニーの経営にも興味をもち、勉強しているそうです。)

 

何か、自分たちならではのイベントを行おうと考え、工作教室を行いました。

職人さんがいるので、職人さんに教わりながら、

フォトフレームを作ろうという企画です。

 

この企画のチラシを2万枚まいたら、土日で100人の参加がありました。

やった!と思ったのもつかの間、参加者をよくよく聞いてみると、

職人さんたちの知り合いばかりでした。

 

 

実は、チラシの片隅に、リフォーム相談もできますと、

ちょっと色気を出して書いていたのです。

 

ある方の言葉に、山品社長は反省させられました。

「お客さんもバカじゃないよ。売りつけられると思えば来ないよ!」

 

そこから、

・商売っけを出すことは一切しない

・まずは、3年続けよう そして、3年たっても成果が出なければ止めよう

と決意します。

 

 

2年目から社員に企画してもらって、フリーマーケットを始めました。

社員や職人さんが、家で使ってないものを持ち寄って、

地元の皆さんに参加してもらうフリーマーケットです。

 

ここであがった収益は、打ち上げの足しにしようという意見もあったそうですが、

地域貢献でやっているイベントだから、地域貢献に徹しようと、

市に全額寄付します。

 

毎回、毎回寄付していると、市の広報紙で紹介をされました。

すると、市の広報紙で活動を知ったお客様が、

フリーマーケット用の商品を寄付してくれるようになったのです。

 

商品の量も多くなりますから、寄付する金額も大きくなり、

市から感謝状をもらうまでになり、このことも市の広報紙で紹介されました。

 

 

すると、嬉しい出来事が起こります。

 

リフォームを検討していたお客様が、

ヤマシナ商事さんと競合会社の2社から見積もりをとりました。

 

ヤマシナ商事さんの見積もりがちょっと高かったそうです。

それでも、ヤマシナ商事さんでと注文をいただいたのです。

 

その理由は、

「地元の企業で、地元に貢献している会社なので、応援したいと思って・・・」

 

 

想定していたことではなく、全くの結果論ですが、成果に繋がったのです。

 

山品社長は、これを「無欲マーケティング」と名付けています。

 

 

今でもイベントは続けていらっしゃいまして、

今年の夏祭りには、2日間で1800人の方が参加されたそうです。

すごいですね。

 

 

本当にお役に立つことだけを考えて、活動を続ける。

 

難しいことだからこそ、評価をされ信頼を得られるのだと、納得しました。

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop