“わが社で活躍可能性の高い人財”をピタッと見抜ける【適合検査】「MARCO POLO」

適性検査で重要なことは「自社で活躍する人財を見抜くこと」。ポテンシャル採用の場合には、過去の実績だけでは能力を測れませんので、「性格特性」や「価値観」など内面を見ることが重要です。また、新卒でも経験者でも重要なことは「自社の社風」と「価値観」のマッチング。ここにズレがあると、早期離職や成果をあげず不満ばかりを言っている滞留社員を生む原因となります。統計心理学とAIを活用した企業の活躍モデル作成と応募者の受検結果を照らし合わせることで、「自社で活躍する可能性」「早期離職の可能性」を見抜ける第5世代の適合検査です。


1

「自社の求める人物像がなかなか定まらない...」

2

「面接官の好き嫌いで決める感覚採用から脱却することが出来れば...」

3

「次世代幹部候補を積極的・意図的に採用、育成していきたい...」

4

「HRTechを活用して組織のポテンシャルを見える化したい...」
  • 01

    受講対象者が設定したペルソナと、どれくらい合致しているかを点数とランクで客観的に認識ができます! さらに、どの項目がどれくらい自社の求める人物像と一致するか確認することも可能!

  • 02

    既存社員に実施することで、社員の特性を把握することができます。さらに、どの部署の仕事内容にフィットするかを数字で客観的に認識することが可能です!

  • 03

    組織の特徴や自社で活躍するパターンを分析することができるので、幹部になれる可能性を把握することが可能!さらには、どう育成していけば良いのか育成の方向も設定することができます。

「MARCO POLO」が選ばれる理由

POINT01

求める人物像が客観的に明確化!

活躍人財の採用で重要なことは価値観と能力の『適合度』です。採用をするうえで気を付けるべきことは、短期的に変動しやすい意識や意欲での判断も危険です。そして、根源的な土台となる性格特性や動機が、貴社の活躍人財に必要とされる価値観、能力と一致しているかという『適合度』が“良い採用”の鍵となります。「MARCO POLO」では、自社に対する受講者の『適合度』を数値として見える化することが可能です!

POINT02

新入社員や既存社員が適材適所で活躍!

設問への回答により、自社の「組織分野(部門)」や「役割」ごとに組織風土や求められる人財要件(職質)をモデリングします。組織風土や求められる人財要件を反映した貴社の独自モデルを作ることで、主に"厳選採用"や"適正配置"での"活躍人財を増やす"だけでなく、"メンタル対策"等に活かせます。

POINT03

組織全体・部門ごとの特徴を見える化!

各部門や部署で活躍している実在社員の検査結果から、高業績を創出できる人財要件をモデリングします。高業績・特殊任務を果たせる人財要件を抽出し、活躍可能性の高い人財の早期発見と抜擢等に活かすことが可能です。

よくある質問

  • Q.

    他社テスト(アセスメント)との違いは何ですか?

    A.

    「従来型の個人向け検査(アセスメント)」では見ることができない、「自社における活躍可能性」を、自社基準によって、 非常に高い精度で見ることができるツールです。詳細は、お気軽にお問合せ下さい!

  • Q.

    人財要件モデリングをして採用検査に使ったら、同じような人しか採用できないのではないですか?

    A.

    ご心配ございません。MARCO POLOの人財要件モデリングは、元々、多様な活躍可能性を幅広くピックアップできるように設計されています。詳細は、お気軽にお問合せ下さい!

  • Q.

    受検方法はどのような形式ですか?

    A.

    「WEBテスト」方式と「会場CBT」方式とがあります。前者は、事前にメールアドレスを登録いただき、 受検案内メールを受検者個々に送信して実施する方式です。

サービス案内をダウンロードする

下記フォームへご記入ください

pagetop