資料ダウンロードDownload

“採用が難しい”中小企業の実態 ~大手と中小、求人倍率格差は8倍?~

『中小企業は人を採りづらい』、そんな認識はお持ちだと思いますが、実際に大手企業とどれぐらいの差があるのかは、ご存知でしょうか? 求人倍率の概念、また大卒求人倍率を題材に、大手と中小企業のギャップや近年の推移をまとめました。


主な内容

  • 求人倍率の定義
  • 求人倍率の動向

内容とポイント

近年の景気の向上に伴い、大卒新卒者の採用難度は急上昇しました。ピークとなった2019卒は、従業員300人未満の中小企業における大卒の求人倍率は9.9倍。つまり、10社で1人の学生を取り合う=9社は採用できないということになります。20卒では少し改善されたとはいえ、数値は8.62倍。8社に7社は採用できないという状態です。本資料では、求人倍率の動向とともに今後、中小企業が若手採用を成功させるためのポイントを解説します。

このような方におススメ

・有効求人倍率などの言葉は聞くが、内容を詳しく知りたいと思う方

・新卒者の採用活動に難しさを感じており、原因や対策を考えたいと思う方

・中小企業が若手採用を成功させるポイントを知りたい方

この記事をダウンロードする

下記フォームへご記入ください

pagetop