資料ダウンロードDownload

オンライン面接の印象が良い会社/悪い会社、違いが生まれる原因は? ~264人の声を分析~

アフターコロナにおいても主流となっていくであろうオンライン採用とオンライン面接。実際にオンライン面接を受けた20代30代の若者264人に聞いた「印象の良かった企業/悪かった企業とその理由」を分析しました。

 

オンライン面接の本質は「リアル面接と同じ」ですが、一方で「オンライン面接特有の見え方/聞こえ方」などもあります。本資料では、実際の声を踏まえて、「対面ではさほど気にならないことがオンラインでは大きな悪印象になるポイント」や「オンライン面接で好印象をつくるための喋り方や映り方のポイント」をまとめました。

求職者側の意見を参考にし、取り入れることで、選考のステップ率や企業への志望度は格段に向上します。ぜひ、ご活用ください。

 

※HRドクター運営する株式会社ジェイックでは、2020年のコロナ禍に伴う緊急事態宣言発令の直後より、20代・30代の就職/採用支援を行う「就職カレッジ®」をはじめとする各サービスを完全Web化し、全国10拠点でサービス提供を継続しています。対面型で行ってきた採用企業と求職者による「集団面接会」も、完全Web化。 2020年4月8日〜4月30日までの期間で、「Web集団面接会」に参加した求職者は264人。企業との延べオンライ ン面接回数は1,000回を超えます。 今回、264人の「求職者」へのアンケートを通じて、「印象の良かった企業とその理由」、 また「印象の悪かった企業とその理由」を調査し、集計・分析したものが本資料となります。


主な内容

  • オンライン面接の印象が良い会社、悪い会社の違いは?
  • オンライン面接の印象が良くなる2つのポイント
  •  ① 面接官の表情、ジェスチャー、声、アイスブレイク
  •  ② 画面共有を上手に使う
  • オンライン面接の印象が良い会社に対する詳細コメントを大公開!
  • オンライン面接の印象が悪い会社に対する詳細コメントを大公開!

ダウンロードできる内容

 

このような方におススメ

・オンライン面接の導入を検討されている方

・オンライン面接を導入したがうまくいっていない企業

・対面式の面接の実施が難しくなりお困りの方

ダウンロードする

下記フォームへご記入ください

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

pagetop