資料ダウンロードDownload

活気があり成果をあげるチームをつくるポイント

更新:2021/10/29

作成:2020/09/07

田村 寛

田村 寛

株式会社ジェイック

活気があり成果をあげるチームをつくるポイント

活気をもって成果を上げるチームをつくるためには、メンバーの「強みを活かす」ことが大切です。ストレングス・ファインダーなどのツールもありますが、まずは管理職・マネージャーがメンバーの強みを考えて書き出し、どう活かせるかを考えてみましょう。メンバーの強みを考えるフォーマットです。是非、ご活用ください!

主な内容

  • ツールを活用し、成果をあげるチームをつくるポイントを洗い出す!
  • チームメンバーの強みを見出し、適材適所に人員配置をする!

内容とポイント

多くのマネージャーは「活気があり、成果をあげるチームを作りたい!」と考えています。しかし、実際には思い描くようにいかないことも多いでしょう。打つべき施策はいくつかありますが、“活気があり、成果をあげる”チームを作るために有効な方法の1つが、メンバーの強みを掛け合わせて相乗効果を発揮するチームを作ることです。あなたはメンバーの強みを把握していますか? そして、強みを活かして成果・業績・結果につなげる術を真剣に考えていますか? 人は自分の強みを活かせるとワクワクします。そのワクワクがチームの活気と成果に繋がります。下の表を使って、メンバー(上司・部下)の強み、そして、活かし方を考えてみましょう。

 

 

ダウンロードできる内容

チームマネジメント

著者情報

田村 寛

株式会社ジェイック

田村 寛

大手学習塾へ新卒で入社。教室長としてマネジメント業務を担当。生徒数を108名→181名まで2年間で増やす。その後、薬学部出身という縁で、ドラッグストアに入社。入社1年半で役員へ昇格し、利益率の改善を行う。ジェイック入社後は、教育融合型の採用支援サービス「就職カレッジ®」講師として年間約1,000名以上の若手教育を携わる。その後、大阪支店長に就任。リーマンショック真っただ中において、就任2年目で業績のV字回復を実現。その後、東京に戻り、教育事業部へ異動。研修講師として多くの企業の人材開発支援にあたっている。

pagetop