資料ダウンロードDownload

社長の右腕 ~上場企業 現役ナンバー2の告白~

社長の右腕~中堅企業-現役No.2の告白~

企業成長におけるナンバー2の重要性は、ホンダ、SONY、サイバーエージェントなどを見れば明らかです。世の中にあまりない、『組織のナンバー2』が、より成果を出し、トップとの信頼関係を強め、社員に良い影響を与え、組織をより強くする話をまとめた一冊です。

ジェイックのナンバー2である常務取締役が自ら執筆とインタビュー。「ナンバー2の役割とは?」「職責は?」、明確な回答はありません。しかし、はっきりしていることは、変化の激しい時代において、ただ1人のTOPが複数の観点から分析する能力を持ち、顧客・社員・株主・会社に大きな価値をもたらすのは至難の業だということです。TOPが担うべき負担を少しでも軽減するよう支えていくことがナンバー2の仕事になります。TOPを支えるとはどういうことか。毎年業績を伸ばしている3社の、ナンバー2の方々にもインタビューに協力いただき、組織のナンバー2が果たすべき役割や責務について、そして「TOPを支えるとはどういうことなのか」を考察しました。

ナンバー2、社長の右腕と目される方、次期ナンバー2候補となる経営幹部の方、経営チームをつくって事業を加速させたい経営者の方に、役立つヒントのたくさんある一冊です。

主な内容

  • 1.はじめに
  • 2.TOPが担う役割・責務はわれわれの認識以上に幅広い
  •  企業経営に必要な機能 / 役割
  •  時代により変化するトップの役割
  •  一般社員がトップに求めていること
  • 3.TOPは何に悩み、ナンバー2に何を期待しているのか?
  •  幹部社員の自己革新10箇条
  •  ×「組織運営の一部を任せてしまいたい」
  •  ○「組織の在り方を理解し、その在り方を現場に根付かせてほしい」
  • 4.TOPを支える10の具体的な取り組み
  •  ①トップに共感する
  •  ②成果にコミットする
  •  ③ファジーに役割分担する
  •  ④スピード重視でPDCAをまわす
  •  ⑤トップからの信頼を得る
  •  ⑥トップへレポートする
  •  ⑦トップをサポートする黒子となる
  •  ⑧トップの翻訳家となる
  •  ⑨メンバーを育成する
  •  ⑩メンバーと円滑なコミュニケーションをとる
  • 5.TOPを支える幹部と途中離脱する幹部の違い
  •  トップと価値観が刷り合わせられないタイプ
  •  自立のみにフォーカスし、協働に意識がいかないタイプ
  •  ファミリーの範囲を広げられないタイプ
  •  自身の課題に向き合えないタイプ
  •  本気でコミットしないタイプ
  • 6.ストレスをパワーに変えるナンバー2の仕事術
  •  なぜ自分はトップといるのか?日々振り返る
  •  日々の仕事に感謝し、楽しむ
  •  逃げずに現実を直視することでより大きな成長を遂げると信じる
  • 7.より高みを目指す幹部候補、マネージャーへのメッセージ
  •  幅広い仕事にチャレンジする
  •  「自分がトップだとしたら」と思って判断力を養う
  •  報連相のレベルを高め続ける
  •  極端な弱点を克服するべく努力し続ける
  •  評価よりも成果にフォーカスする

組織力 向上

 

このような方におススメ

・社長の右腕として成果を上げる方法を知りたい方

・会社のナンバー2が考えていること、実践していることを知り、仕事に活かしたい方

・将来、会社の中で重要ポジションに就きたいと考えている方

pagetop