資料ダウンロードDownload

20代・30代ビジネスパーソンの「キャリア形成」に関する意識調査

更新:2024/06/20

作成:2024/06/18

古庄 拓

古庄 拓

株式会社ジェイック執行役員

終身雇用制度の崩壊と雇用の流動化、また成果主義やジョブ型の人事制度導入、そして、副業・兼業、フリーランスの増加など、働き方の多様化により、Z 世代やミレニアル世代をはじめとした20代30代のビジネスパーソンは自身のキャリア形成に強い関心を持っています。企業においても、離職防止やエンゲージメント向上を目指し、従業員の「キャリア自律」支援に取り組む企業が増加しています。

 

本調査では、20代・30代の正社員に対して、キャリア形成や転職に関する意識、キャリア相談等の実施状況に関して調査しました。ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

 

主な内容

  • ・キャリア形成に対する不安
  • ・キャリア形成と転職意向の関連性
  • ・キャリア形成への不安度と転職の関連性
  • ・キャリア相談の実態
  • ・キャリア形成への不安と1on1の満足度の関連性
  • ・調査結果に対する考察
  • ・詳細データ

著者情報

古庄 拓

株式会社ジェイック執行役員

古庄 拓

WEB業界・経営コンサルティング業界の採用支援からキャリアを開始。その後、マーケティング、自社採用、経営企画、社員研修の商品企画、採用後のオンボーディング支援、大学キャリアセンターとの連携、リーダー研修事業、新卒採用事業など、複数のサービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。専門は新卒および中途採用、マーケティング、学習理論

著書、登壇セミナー

・Inside Sales Conference「オンライン時代に売上を伸ばす。新規開拓を加速する体制づくり」など

pagetop