資料ダウンロードDownload

新型コロナウイルスによる就職活動への影響調査【4月1日~2日】

新型コロナウイルスによる就職活動への影響調査

HRドクターを運営するジェイックでは、自粛要請が出された2月26日より定期的に就活生への影響調査を行っています。本資料は4月1日~2日で行われた第4回調査の結果です。採用活動のオンライン化状況、それに対する就活生の反応が分かります。

主な内容

  • 解禁 1 か月時点で、既に 3 割近くが内定を取得済み
  • 新型コロナウイルスの影響で「説明会・面接が中止になった」経験がある就活生が 9 割以上
  • web 会社説明会の利用体験+予約者は 95.5%。web 面接も 80.2%と、2 週間で 31.6pt の急上昇
  • 「会社説明会は web 化を進めて欲しい」が、「個別面接の web 化には根強い反対の声」
  • 21 卒就職支援サービス:特性マッチングサイト「FutureFinder®」
  • 21 卒就職支援サービス:「新卒カレッジ®」

内容とポイント

今回の調査では、4 月 2 日 時点の新卒学生の内定取得率は 27.8%。既に3 割近く内定を取得しており、通年採用による早期化傾向が見られました。また、web 会社説明会に関しては、「利用経験あり」88.2%、「利用経験はないが予約している」7.3%と、計95.5%の就活生が web 説明会を利用している状況があり、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、急激に選考活動の web 化が進んだことが良く分かります。調査内容や学生の声を詳しくまとめましたので、是非ご参考にお読みください。

このような方におススメ

・新型コロナウイルスの感染拡大に伴う21卒新卒学生の就活への影響や実態を知りたい方

・オンライン採用やWEB説明会などに対する学生の生の声を知りたい方

・新型コロナウイルスの感染拡大の中での就活で、学生が不安に思う点を把握したい方

 

 

pagetop