資料ダウンロードDownload

新卒採用で使える適性検査の比較9選

多くの企業が導入する「適性検査」。面接では見抜けない地頭や学力、また深い特性レベルを見抜くことが出来ます。日本の採用では「面接」に重きを置く会社が多いですが、適性検査は業績予測の精度が高いという実証データもあり、非常に有効なツールとなっています。また、面接と組み合わせることで、面接の精度や生産性を高めることも可能です。

 

採用基準のグローバルトレンドは、必ずしも「特性が高ければ活躍する」のではなく、「自社の仕事で活躍するにはどんな特性が大事か?」「候補者は自社の仕事で活躍するためにはどんな能力が必要か?」ということを重視する形へ変化しています。それぞれの会社・仕事に合った適性検査を効果的に使っていくために、本資料では9つの適性検査を、サービスの特徴や検査内容、検査方法・価格など複数項目で比較紹介しています。貴社の課題に合うサービスが見つかれば幸いです。


主な内容

  • 採用で適性検査を利用する目的は?
  • 日本の採用における「採用検査」の実情
  • 最新卒採用における「適性検査」の利用
  • 適性検査を見るうえで重要な「予測的妥当性」
  • ① SPI3
  • ② CUBIC
  • ③ GAB/CAB
  • ④ 3Eテスト
  • ⑤ DPI
  • ⑥ A8
  • ⑦ 不適性検査スカウター
  • ⑧ アドバンテッジインサイト
  • ⑨ MARCO POLO

ダウンロードできる内容

このような方におススメ

・適性検査の基本や全体像について詳しく知りたい方

・適性検査を効果的に使うためのポイントを押さえたい方

・適性検査の点数の高い人材を採用するも入社後のパフォーマンスが悪く、適性検査の使い方を見直したい方

・複数の適性検査から自社に合うものを見つけたい方

ダウンロードする

下記フォームへご記入ください

関連記事

企業の採用・教育に役立つノウハウ

pagetop