• WEB受講

【有料|3時間セミナー】総発行部数3000万部『人を動かす』流 部下への仕事の任せ方(権限移譲)レベルアップ研修

対象者
  • ・次世代管理職候補者
  • ・プレイングマネージャー
  • ・管理職
  • ・経営幹部
  • ・経営者
よくあるお悩み・ニーズ
  • 管理職クラスメンバーの業務負荷が高く、長時間労働となっている
  • 管理職クラスメンバーがプレイヤー業務に忙殺され、部下の育成ができない
  • 管理職クラスメンバーが部下との信頼関係を構築出来ていない
研修内容・特徴

日々、長時間労働に悩まされているプレイングマネージャー、管理職が本来の役割である「部下育成」を実践していくためのプロセスを学びます。

仕事を任せること=部下のスキルアップと責任感の醸成

上記を実現するための部下との協力関係の築き方、仕事を任せる目的の明確化、任せた後のフォローアップのすすめ方を学び、プレイングマネージャー、管理職のマネジメント業務時間を生み出します。

達成目標
  • ①部下の成長と育成のための仕事の任せ方5段階レベルを理解する
  • ②仕事の任せ方、進め方ミーティングを計画し、準備する
  • ③フォローアップとアカウンタビリティのためにパフォーマンススタンダードを明確に伝える
  • ④エンパワーメントのサイクルを理解する
企画者コメント

本研修をおすすめする理由は、以下の通りです。

1. 内容の網羅性

部下への仕事の任せ方の基本的な概念から、具体的なプロセス、成功事例、失敗事例まで、部下への仕事の任せ方に関する幅広い情報を網羅しています。

2. 実践的な内容

実際のビジネスシーンで役立つ実践的な内容となっています。部下への仕事の任せる際に必要なヒントや、よくある質問への回答なども含まれています。

3. 信頼できる情報源

デール・カーネギーやジョン・コッターなど、権威のある著者によって書かれた信頼できる情報源に基づいています。

4. 読みやすさ

専門用語を避け、分かりやすい言葉で進行するため、初めて部下への仕事の任せ方について学ぶ方でも読みやすい内容となっています。

5. 多様な視点

書籍や記事など、複数の情報源に基づいており、部下への仕事の任せ方に関する多様な視点を得ることができます。


POINT1

Step 1:必要性を明確にする

・何が委譲されるべきかを設定する。
・望ましい結果の青写真を作る。

POINT2

Step 2:人物を選出する

・権限委譲を託す人を選出し、なぜその人を選んだのか明らかにする。

POINT3

Step 3:権限委譲を計画する

・あるべき姿: この権限委譲を計画の範囲内で何が達成されるべきか。望ましい結果の青写真を作る。

現状: 現在の状況における「現実」を定める。
目標: 現実的な目標を定義し、設定する。
実行計画: 目標達成のために必要な具体的なステップを説明する計画を練る。

POINT4

Step 4:権限委譲ミーティングを開く

・達成されるべき具体的な結果を明確にする。
・ルールと制限を明確にする。
・遂行基準をレビューする。

POINT5

Step 5:実行計画をたてる

・権限委譲を託された人物が、目標達成のために取るステップを説明する計画を練るべき

POINT6

Step 6:計画をレビューする

・リーダーと権限委譲を託された人物は、計画について議論し、合意に達するまで調整を行う。

POINT7

Step 7:計画を実施する

・計画を実行に移す。

POINT8

Step 8:フォローアップする

期待されていた結果からの逸脱を把握し、目標達成に向けて必要な行動を取る。

開催日

2024年4月18日(木) 09:00~12:00

会場

WEB

費用

14,800円(税別)

講師紹介

  • 宮本 靖之

    株式会社ジェイック シニアマネージャー

    明治大学卒業後、新卒で明治安田生命へ入社。28歳で営業所長を務める。のちに幹部人材紹介事業部のキャリアコンサルタントを経て、社員教育研修講師に就任。 原田メソッド研修、「7つの習慣(R)」研修など、『成功の原理原則』を腹落ちさせる講義を得意としている。森信三氏を敬愛し、氏の「修身教授録」を人生のバイブルとして、常に厳しく自身を律する男と定評がある。ガイアの夜明け、ザ・ノンフィクション、中国中央テレビ、スイス国営放送 など、国内外問わず様々なメディアから取材を受けている。 地域社会においては、中学校のPTA会長・少年野球チームの監督を引き受け、若者の育成にも力を注いでいる。

pagetop