「体育会系の学生を採用したいなら・・・」【知見メール29号】

2007/04/25

「体育会系の学生を採用したいなら・・・」

こんにちは。

ジェイックの知見寺でございます。

 

2回にわたり中途採用の事例を紹介いたしましたので、

今回は、新卒採用について情報を提供させていただきます。

 

先日、大宮の不動産業を営んでいるF社の社長様を訪問した際の話です。

 

訪問は、4月6~7日の2日間に渡りF社の新入社員研修を担当したので、

その結果報告をするために伺いました。

 

(以前、このメルマガでも少し触れましたが、この研修は埼玉の奥地に

ある禅寺で実施しました。研修の事務局メンバーもへこたれるくらい、

厳しい環境でした。しかし、自分で言うのもなんですが、研修効果が高く、

社長様からもご評価いただきました。)

 

 

その際に、08年の新卒採用の話になり、「大卒の採用は、応募者を

集めることも難しく、今年は無理かもしれない」と、社長様は半分あき

らめ気味でした。

 

どんな方を採用したいのか質問すると「体育会系がいいよね!」と

社長様から即答いただきました。

 

社長様は、大学まで硬式野球を続けられたバリバリの体育会系でした。

 

体育会系の学生を集めるためにクラブチームを作ることまで考えたの

ですが、年間で最低2000万円かかるので断念されたそうです。

 

そこで、私は社長様に、私の前職での後輩が取締役を務めている

G社が主催している、体育会系の学生だけを集めた合同企業説明会

を紹介しました。

 

4月16日の説明会では、体育会に所属している学生166名が来場

したそうです。

 

出展企業は24社に限定で、1社の平均面談数が20名ほど。

企業側からは大変高い評価だったそうです。

 

社長様に、すぐ紹介をしてほしいと依頼され、G社に確認をしましたところ、

5月に開催する説明会には3社だけ枠が残っているとのことでした。

(ちなみにその説明会は、秋まで開催し、札幌から福岡まで全国各地で

開催をしています。)

 

体育会系の学生は、練習や試合があり、なかなか就職活動をする時間が

取れないそうです。

 

事実、4月16日の説明会に来場した学生の6割が、全く就職活動を

していませんでした。

 

体育会系の学生が、自社の採用ターゲットになるようでしたら、ご検討

いただく価値はあります。

 

ご興味がございましたらご紹介させていただきますので、本メールの

返信にてお問い合わせください。

 

知り合い価格で、少し値引きしてもらえると思います。

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop