「走るのは好きじゃないから、東京マラソンを走ります」【知見メール75号】

2009/03/25

「走るのは好きじゃないから、東京マラソンを走ります」

皆様、こんにちは。ジェイックの知見寺でございます。

 

 

先週の水曜日3月18日に、東京都中央区のN社長様を訪問しました。

 

その前週の3月10日に、弊社で大人気講師のお一人である

原田先生の1日管理者研修に5名派遣をいただきましたので、

その研修内容と参加された皆さんの状況を報告するためです。

 

1時間半もお時間をいただいたのですが、

その大半はN社長の教育についてのお考えであったり、

具体的にどのようなことをしているかを教えていただきました。

 

お話の中で、3月22日の東京マラソンに出場することをお聞きしました。

 

もともと、走ることが好きなのかと思いましたら、

球技は好きだとのことですが、走ることは大嫌いだそうです。

(私も同様ですので、大変共感できました。

私は、ずっと野球部でしたが、冬になると走らされてばかりで、

どうやってごまかすかしか、考えていませんでした。)

 

N社長は、ハーフマラソンすら、走ったことはないそうです。

 

では、N社長は、なぜ東京マラソンを走ることにしたのか。

以下は、N社長のお話です。

 

「 きっと社員は、

『あれやれ、これやれ』と社長は指示をしてばっかりで楽でいいな

と思っている、と思うんです。

 

言うだけなら、楽だよな。と思っていると、思うんです。

 

そこで、自分が苦手で嫌いなことである

マラソンにチャレンジすることにしたんです。

 

社員にも宣言しまして、自分の決意と姿勢をみせることにしました。」

 

 

N社長のような理由で、東京マラソンを走っている方は

いったい何名いるでしょうか。

経営者の思いを感じました。

 

そのN社長と、昨日お電話をしてお話をしました。

見事、完走されたのです。

しかし、ご本人は目標の5時間を切ることができず、

悔しがっていらっしゃいました。

 

私: 「あれだけ、大勢が走っていましたら、

なかなか自分のペースで走るのは大変ですよね」

 

N社長:「 いやいや。そんなことは理由にならないです。

全くの自分の準備不足です。悔しいですね」

 

 

目標を達成できなかった理由を、自責で捉えるN社長のお話に、

業容を拡大させている理由が垣間見れた気がします。

 

著者情報

知見寺 直樹

株式会社ジェイック 取締役

知見寺 直樹

大手コンサルティング会社を経て、2009年ジェイック常務取締役に就任。総経理として上海支店立ち上げも経験し、現在は本社HRおよび事業開発を担当する。

⼤カテゴリ:

    中カテゴリ:

    関連タグ:

      関連記事

      企業の採用・教育に役立つノウハウ

      採用・教育にお困りでしたら
      ご相談ください

      一人でも多くの人生を輝かせ、一社でも多くの企業を元気にする。
      そのために、私たちジェイックは存在します。

      pagetop